H24,9,15をもって当ブログを下記に移転しましたので,
今後は下記にアクセスして下さるようお願いいたします.
当分このブログも残しておきますがこちらは更新しませんので,
併せて新しいサイトもブックマーク宜しくお願いいたします.
●七草ファミリークリニックからのお知らせ
http://7793.biz/info/

2007年01月04日

12月の内視鏡実績

当院で12月に実施した内視鏡検査は52件でした.
内訳は以下のとおりです.
・胃カメラ35件,うち経鼻法32件
・大腸カメラ17件,うちポリープ切除5件

また昨年5月の開院から12月末までの半年間で実施した検査は284件でした.
・胃カメラ195件,うち経鼻法158件
・大腸カメラ89件,うちポリープ切除33件

経鼻内視鏡(胃カメラ)は従来の『のど麻酔による胃カメラ(経口法)』と比較すると圧倒的に苦痛の少ない画期的な検査法です.
当院では,
 @経鼻法
 A静脈麻酔を併用した経口法(=従来の無痛検査),に加えてご希望の方には
 B静脈麻酔を併用した経鼻法,も行っております.

『胃カメラを飲んだ方がよさそうだけど,苦しそうだから・・』とこれまで敬遠されていた方,
お腹がすくとミゾオチのあたりがシクシク痛いという方,
胸やけがしたりゲップが出たりする方,
バリウム検査でひっかかったけど・・という方は安心して当院にご相談ください.

また当院では静脈麻酔を併用した大腸内視鏡検査を実施しております.
 便秘や下痢が続く
 便に血液が混じる
 最近急に便が細くなった
 健診で便潜血が陽性になって精密検査が必要と言われた
などの方も安心して当院にご相談ください.

●七草ファミリークリニック
http://www7a.biglobe.ne.jp/~clinic7793/
posted by 院長 at 16:26| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

年末年始の診療の予定

年末年始の診療予定は以下のようになっております.
12/28(木):通常どおり診療
12/29(金):午前中のみ診療
12/30(土):休診
12/31(日):休日救急当番(8:00-18:00)
1/1(月):休診
1/2(火):休診
1/3(水):休診
1/4(木):休診
1/5(金):通常どおり診療

大晦日の休日救急当番については浜松市医師会より要請があり,朝8時から夕方18時まで診療(以後20時までは電話対応)予定となっております.

●七草ファミリークリニック
http://www7a.biglobe.ne.jp/~clinic7793/
posted by 院長 at 16:33| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

感染性胃腸炎

今年は10月中旬ぐらいから浜松市内で大人も子供も嘔吐下痢症が流行しています.11月末ぐらいで多少下火になったかな?と思いましたが,12月に入っても流行が衰える気配がありません.十分にご注意ください.

感染性腸炎と原因ウィルスについてのページはこちら.
posted by 院長 at 12:56| 医療情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

11月の内視鏡実績

当院で11月に実施した内視鏡検査は38件でした.
内訳は以下のとおりです.
・胃カメラ25件,うち経鼻法23件
・大腸カメラ13件,うちポリープ切除4件

経鼻内視鏡(胃カメラ)は従来の『のど麻酔による胃カメラ(経口法)』と比較すると圧倒的に苦痛の少ない画期的な検査法です.
当院では,
 @経鼻法
 A静脈麻酔を併用した経口法(=従来の無痛検査)
に加えて,ご希望の方には
 B静脈麻酔を併用した経鼻法,も行っております.

『胃カメラを飲んだ方がよさそうだけど,苦しそうだから・・』とこれまで敬遠されていた方,お腹がすくとミゾオチのあたりがシクシク痛いという方,ゲップが出たり胸やけがするという方,バリウム検査でひっかかったけど・・という方は安心して当院にご相談ください.

また当院では静脈麻酔を併用した大腸内視鏡検査を実施しております.便に血液が混じる,最近急に便が細くなった,健診で便潜血が陽性になって精密検査が必要と言われた,などの方も安心して当院にご相談ください.

●七草ファミリークリニック
http://www7a.biglobe.ne.jp/~clinic7793/
posted by 院長 at 12:44| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

インフルエンザ予防接種,予約受付終了のお知らせ

インフルエンザの予防接種予約が1500人を超えましたので,予約受付を終了させていただきます.
なお当院で1回目の接種を受けられた方につきましては2回目の接種予約を受け付けておりますので,予約がまだの方はお早めにご連絡ください.

●七草ファミリークリニック
http://www7a.biglobe.ne.jp/~clinic7793/
posted by 院長 at 14:29| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

10月の内視鏡実績

当院で10月に実施した内視鏡検査は47件でした.
内訳は以下のとおりです.
・胃カメラ31件,うち経鼻法27件
・大腸カメラ16件,うちポリープ切除7件

経鼻内視鏡(胃カメラ)は従来の『のど麻酔による胃カメラ(経口法)』と比較すると圧倒的に苦痛の少ない画期的な検査法です.当院では,
@経鼻法
A静脈麻酔を併用した経口法(=従来の無痛検査)に加えて,ご希望の方には
B静脈麻酔を併用した経鼻法,も行っております.

『胃カメラを飲んだ方がよさそうだけど,苦しそうだから・・』とこれまで敬遠されていた方,お腹がすくとミゾオチのあたりがシクシク痛いという方,ゲップが出たり胸やけがするという方,バリウム検査でひっかかったけど・・という方は安心して当院にご相談ください.

また当院では静脈麻酔を併用した大腸内視鏡検査を実施しております.便に血液が混じる,最近急に便が細くなった,健診で便潜血が陽性になって精密検査が必要と言われた,などの方も安心して当院にご相談ください.

●七草ファミリークリニック
http://www7a.biglobe.ne.jp/~clinic7793/
posted by 院長 at 16:19| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

インフルエンザワクチン追加発注しました!

この1週間で約300名の方がインフルエンザ予防接種を予約され,接種を終えた方も含め予防接種をご予約いただいた方は800名を超えました.
当初発注したワクチンの大半は既にご予約いただいた方の分でほぼ使い切ってしまうことになるため,さらに300本のワクチンを追加発注しましたが,これ以上の追加注文は難しそうです.当院でのワクチン接種をご希望の方はなるべく早めにご予約くださいますようお願いいたします.
なお予約状況によってはご希望の日時に接種を受けられない,あるいは接種そのものをお断りさせていただく場合もありますのでご了承ください.
【価格】
・大人2,000円
・小児1,500円(いずれも税込み価格)

●七草ファミリークリニック
http://www7a.biglobe.ne.jp/~clinic7793/
posted by 院長 at 14:32| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

びぶれ浜松,10/26号

静岡新聞【びぶれ浜松】10/26号の〈元気の秘密〉というコーナーで,最近話題の『ピロリ菌と胃潰瘍・胃がんとの関連』についてや『苦痛の少ない経鼻胃カメラ』についての取材記事が掲載されました.

●七草ファミリークリニック
http://www7a.biglobe.ne.jp/~clinic7793/
posted by 院長 at 20:08| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

インフルエンザ予防接種の予約状況

インフルエンザの予防接種を開始してから1週間が経ちました.現在までに接種を終えた方も含め,接種を予約されている方はすでに500名に達しています.
まだワクチン量には余裕がありますが,予約状況によってはご希望の日時に接種を受けられない可能性もありますので,接種ご希望の方はお早めにご予約ください.
【価格】
・大人2,000円
・小児1,500円(いずれも税込み価格)

●七草ファミリークリニック
http://www7a.biglobe.ne.jp/~clinic7793/
posted by 院長 at 12:31| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

インフルエンザ予防接種のご予約はお早めに!

本日の時点で,すでに200名弱の方がインフルエンザ予防接種を予約されています.まだまだワクチンは十分確保してありますが,接種ご希望の方はお早めにご予約ください.
【接種開始】
10月16日(月)
【価格】
・大人2,000円
・小児1,500円(いずれも税込み価格)
 なお小児とは2回接種が必要な13歳未満(小学生以下)を言います.
 13歳(中学生)以上は大人と同じ1回接種となりますのでご了承ください.

●七草ファミリークリニック
http://www7a.biglobe.ne.jp/~clinic7793/
posted by 院長 at 17:05| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インフルエンザQ&A(改訂版)

以前,本ブログでご紹介したQ&Aを一部改定・追記しましたので再度upいたします.
続きを読む
posted by 院長 at 16:52| 医療情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

薬と飲み物の相互作用

一般に薬は水や白湯で内服するのがよい,と言われています.これは水以外の飲み物で内服すると,場合によっては飲み物と薬との相互作用で副作用が強く出たり,薬の効き目が左右されたりするからです.
それではどのような飲み物が問題になるのでしょう?ここではその一例を取り上げてみました.
続きを読む
posted by 院長 at 18:32| 医療情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

9月の内視鏡実績

当院で9月に実施した内視鏡検査は以下のとおりです.
・胃カメラ27件
・大腸カメラ10件

経鼻内視鏡(胃カメラ)は従来の『のど麻酔による胃カメラ(経口法)』と比較すると圧倒的に苦痛の少ない画期的な検査法です.当院では,
@経鼻法
A静脈麻酔を併用した経口法(=従来の無痛検査)に加えて,ご希望の方には
B静脈麻酔を併用した経鼻法,も行っております.

『胃カメラを飲んだ方がよさそうだけど,苦しそうだから・・』とこれまで敬遠されていた方,お腹がすくとミゾオチのあたりがシクシク痛いという方,バリウム検査でひっかかったけど・・という方は安心して当院にご相談ください.

また当院では静脈麻酔を併用した大腸内視鏡検査を実施しております.便に血液が混じる,最近急に便が細くなった,健診で便潜血が陽性になって精密検査が必要と言われた,などの方は安心して当院にご相談ください.

●七草ファミリークリニック
http://www7a.biglobe.ne.jp/~clinic7793/
posted by 院長 at 16:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

高脂血症の治療目標

血液中のコレステロールが高い,というだけではほとんど自覚症状はありません.しかし高脂血症を放置すると動脈硬化症が進行し,心筋梗塞脳卒中などの様々な病気を引き起こしますので注意が必要です.

【高脂血症の治療】
1.まず自分の危険因子をチェック
2.危険因子の数に応じたコレステロールの治療目標値まで下げる.
GW-20060929-173236.jpg
(参考資料:日本動脈硬化学会 動脈硬化性疾患治療ガイドライン2002)

●七草ファミリークリニック
http://www7a.biglobe.ne.jp/~clinic7793/
posted by 院長 at 19:58| 医療情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

高血圧の治療目標

日本では4人に1人が高血圧の患者さんと言われており,その数は約3500万人と推定されています.高血圧はたいへん危険な病気で,普段なにも症状がなくても放置すると心筋梗塞や脳卒中を引き起こす原因になります.

【高血圧の治療】
1.ガイドラインの目標血圧までしっかり下げる.
 ・中年まで---130/85mmHg未満
 ・高齢(65歳以上)の方---140/90mmHg未満
 ・糖尿病や腎機能の悪い方---130/80mmHg未満
2.自分の血圧をよく知る
 ・家庭での血圧,とくに朝食前の血圧(早朝血圧)が重要です.
  早朝血圧が135/85mmHg以上の場合は『高血圧』です!
3.6つの生活習慣
 ・食塩は1日6g未満を目標に
 ・野菜や果物を積極的に摂り,コレステロールや脂肪分は控える
 ・BMI(体重(kg)÷〔身長(m)〕÷〔身長(m)〕で25を超えない
 ・禁煙
 ・アルコール摂取はほどほどに(日本酒換算で1日1合以下)
 ・心血管病のある場合は毎日30分以上の有酸素運動を定期的に(散歩,早歩きなど)
 (参考資料:日本高血圧学会 高血圧治療ガイドライン2004)

●七草ファミリークリニック
http://www7a.biglobe.ne.jp/~clinic7793/
posted by 院長 at 17:26| 医療情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

ビタミン&ミネラル!

ビタミン,ミネラルは身体の機能を維持するために必要な潤滑剤のようなもの.体内で作ることができないため,食事などで補給する必要があります.
脂溶性ビタミン
ビタミンA:目の機能を維持,皮膚を健康に保つ,免疫に関与
ビタミンD:骨の形成を助ける,カルシウムの吸収を促進
ビタミンE:血行をよくする,性ホルモンに関与,抗酸化作用
水溶性ビタミン
ビタミンB1:糖をエネルギーにかえる,脳や神経の機能維持
ビタミンB2:脂質をエネルギーにかえる,皮膚を健康に保つ
ビタミンB6:タンパク質の代謝に関与,血液合成に関与
ビタミンB12:神経の機能維持,血液合成に関与
葉酸:タンパク質の代謝に関与,血液合成に関与
ナイアシン,パントテン酸,ビオシン:皮膚を健康に保つ
ビタミンC:皮膚を健康に保つ,免疫に関与,抗酸化作用
ミネラル
鉄:血液の材料となる(酸素を運搬する),皮膚を健康に保つ
カルシウム:骨や歯の材料となる,筋肉の機能維持,神経興奮の調整
亜鉛:タンパク質の合成,抗酸化作用
銅:抗酸化作用,血液合成に必要
マグネシウム:エネルギー代謝系に関与,筋肉の機能維持
クロム:インシュリンの働き(血糖調節)に関与
セレン:抗酸化作用
続きを読む
posted by 院長 at 18:43| 医療情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

食物アレルギーの食事療法

アレルギー反応はアレルギーのもととなる物質『抗原アレルゲン)』を摂取することで起こります.ひとたび抗原が身体の中に入ると『抗体』ができ,そこに再び抗原が入ってくると抗原と抗体が反応してアレルギー反応が起こります.抗原となりやすい食物成分は主にタンパク質ですが,同じものを食べてもアレルギーを起こす人と起こさない人がいます.アレルギーを起こしやすい体質は遺伝すると言われています.
続きを読む
posted by 院長 at 00:19| 食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

かぜ症候群の食事療法

『風邪』は日常的な病気であるため,多くの方は市販の薬を飲んで済ませることが多いでしょう.ほとんどの方はそれで治ってしまいますが,なかには重症化する方や,『かぜ』に似た症状で始まる別の病気もありますので,なかなか改善しない場合は早めに病院を受診するほうがよいでしょう.
続きを読む
posted by 院長 at 08:14| 食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

骨粗しょう症の食事療法

骨粗しょう症』は骨の中の骨塩が減少し,骨が脆くなって骨折しやすくなった状態です.脊椎(背骨)が圧迫骨折を起こすと腰が曲がったり腰痛が出たりしますし,大腿骨の骨折では寝たきりになることもあるので要注意です.
骨量は成長とともに20歳頃まで増加し,成人期にピークを迎え,中高年期に入ると徐々に減少します. 骨粗しょう症はとくに女性に多い病気ですが,60歳代の女性の半分,70歳代の女性の6割は骨粗しょう症であると言われています40歳を過ぎたら定期的に骨量を測定するようにしましょう
続きを読む
posted by 院長 at 02:47| 食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

貧血の食事療法

血液中には酸素を運搬する赤血球という細胞がありますが,この細胞中には酸素を運ぶヘモグロビンという色素が含まれています.『貧血』とは,このヘモグロビンが少ない状態を言い,その大半はヘモグロビンの材料である鉄不足が原因です.貧血の人は全身が酸素不足となるため,立ちくらみ,動悸,息切れ,頭痛,めまい,疲労,肩こり,消化不良などさまざまな症状が出ます.
続きを読む
posted by 院長 at 14:31| 食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。